FC2ブログ

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

04.29

遅い花見

今日は遅い花見に行ってきました。
もうすっかり桜なんて散ったものと思っていたけど、まだ残っていて、とてもきれいでした。
友達と飲んだり食べたりわいわいやったり、フットサルしたり、とても楽しかったです。

それでも、そこに一人いないということが、僕には残念でなりませんでした。
先日の大地震でたくさんの人が亡くなり、それは僕にとって、近いようで遠い話でした。
僕は仙台に住んでいましたが山の上に住んでいたこともあり、直接の被害はなく、近くの人が亡くなったということもありませんでした。
はじめに情報が入ったのは、地震から一週間ほど経った頃でした。
友人の一人が、未だに行方がわからない、とのことでした。
心配でしたが、僕の周りでは誰も亡くなっていないし、テレビで見る震災の被害状況もなんだか遠いことのようで、「あいつは丈夫だし、どっかの避難所にいるんだろう」と思っていました。
その友人の遺体が見つかったと知ったのは、ついこの間のことです。
僕は見たわけではないし、でも肉親伝いに聞いた確かな情報で、僕はその事実を受け止めなければなりませんでした。
正直今でも、信じられません。
悲しいというか、寂しいというか、実感はあまりなくて、確か祖父が亡くなった時も、火葬にも葬式にも行けなかった僕はこんな心境だったことを思い出しました。
でも、現実なんだ。
そのことはあまりに大きくて、僕の中でなんとなく理解した時に、これからのことを考えて、
もうあいつと話せないんだとか、下ネタが苦手な子に気付かれないようにちょいちょいネタを挟むゲームも、飲みも、サッカーも、キャンプも、もう何も一緒にはできないんだと気付いて、
僕はそこで初めて、泣きました。
僕にとって、今回の地震がとてもリアルで、身近なものになりました。

僕は今でも、彼がどこかで元気にやっていて、いつかひょっこり顔を出すんじゃないかと思えてなりません。
頭ではわかっているつもりでも、信じたくないのが本音です。
今日集まった友達とわいわいやって、すごく楽しくて、僕らはきっとこれから彼のいない日常をなんともなく過ごしていくんだと思います。
それでも僕にとって彼の存在は大きくて、きっと僕の中の悲しみは消えることはなくて、それはたぶん、他のみんなも同じなんだと思います。
僕は、彼の友人で本当に楽しかった。彼に会えて本当に幸運でした。
僕は、大好きな彼がいないのが寂しいです。悔しくてなりません。
本当に、本当に悔しいけれど、もう彼とはお別れです。

さよなら、たつひこ。
またもし会えたら、犬のジョン君の話を聞かせてください。
今すぐにでも、会いたいです。
さよなら、また会う日まで。

たぬき
スポンサーサイト

日記
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。