--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

01.19

あっあなたはあの時の!

 よくマンガとかであるじゃないですか、
「遅刻しちゃう~」
 ってパンくわえながら走った女子高生が曲がり角でどーん!って男の人にぶつかって
「いたたたた・・・」
「あ、ごめんね、君大丈夫?」
「はい、だいじょ・・・!」
「・・・?」
「(やだ・・・この人素敵・・・!)」
「・・・?俺の顔になんかついてる?」
「いえっあのっ、なんでも・・・ないです・・・はっ!いけな~い!学校に遅刻しちゃう!いかなくっちゃ!えっと、すみませんでした!」
「あっ君名前は・・・」
「サザエでございま~す」
的な。

 キーンコーンカーンコーン(チャイム)
「はぁ~」
「ちょっと~サザエどうしたのよ~。今日のあんたなんかおかしいわよ?」
「ん~エイヒレ聞いてくれる?実はかくかくしかじかでさあ」
「Move新発売!」
「そうなの~。また会えるかな~」

 サザエ帰宅。
 ガチャッ(スーパーファミコンをリジェクトした音)
「ただいま~・・・って言ってもお父さんもお母さんもいないんだもんなー」
 サザエは靴をぬいで玄関をあがり、自室のドアを開けてベッドの上のシルバニアファミリーにジャンピーングニードロップをキメてスプリングの反動で膝を痛めた。
「鍵っ子食~べ~て~」
 それ、ホネっこな。
 暇を持て余した神々のサザエが居間に戻ったところでチャイムが鳴った。
 キーンコーンカーンコーン(十四行ぶり二度目)
「誰だろう?は~い」
 サザエは玄関のドアを開けた。
 ウィーン
「いらっしゃいませ。ご注文はお決まりでしょうか」
「チーズバーガーを一つ。ピクルス抜きで」
「かしこまりました。ピクルス抜きですとお時間が100倍かかりますがよろしいですか?」
「あ、じゃあナゲットに替えてください。ソース両方お願いします」
「かしこまりました。ソースを両方お付けしますと現在の為替相場を見るに料金が4,5千円上がってしまいますがよろしいですか?」
「あ、じゃあいいです。スマイル一つください」
「おうちに帰ってまずwindowsのパソコンを開いたらメニュー→アクセサリ→ゲーム→マインスイーパで開くとタダでご覧いただけます」
「はい」
「ご注文は以上でよろしいでしょうか?」
「あ、いやえっと・・・」
「ありがとうございました。またお越しくださいませ~」

何書きたかったか忘れた。もういいや
スポンサーサイト

その他
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。